TOP > CAPについて

CAPについて

CHALLENGED ATHLETE PROJECT = CAP は、
チャレンジド・スポーツ競技団体・企業様と一緒に、より多くのチャレンジド・アスリートが活躍できるように、
また、チャレンジド・スポーツに対する認知度がより高まるよう、積極的に活動していくことをミッションとしています。

チャレンジド・スポーツを取り巻く環境の変化と機運の高まりを受け、
当プロジェクトでは、チャレンジド・スポーツのファンを増やし、シーンを盛り上げて行くことを目的としています。

「企業様」と「チャレンジド・スポーツの競技団体・協会」の関係図

背景

スポーツ基本法の制定、文部科学省によるスポーツ基本計画の策定を受け、
チャレンジド・スポーツの認知度は急速に高まっています。

2011年、スポーツ基本法が制定されました。
2014年には、全国障害者スポーツ大会などの主要事業が厚生労働省から文部科学省に移管。スポーツとしての認識と取組みが進んでいます。
チャレンジド・スポーツへの注目が高まる一方、企業の支援を受けている競技団体・協会の数も少しずつ増加する傾向にあります。

他先進諸国のような盛り上がりを、日本のチャレンジド・スポーツでも実現したい。
この機会を活かし、競技団体・協会と企業をつなぐべく本プロジェクトが始動しました。

CAPの目指すもの

企業様と、チャレンジド・スポーツ競技団体・協会の双方で
日本のチャレンジド・スポーツを次のステージへ。

企業様の支援を受け、シーンが活気づくことで、より多くの観客を集めることが可能になります。
大勢の観客を前に、選手たちのプレーは、より躍動的に華やかになっていきます。
魅力あるプレーは更なるファンを増やし、メディアへの露出を増やします。

チャレンジド・スポーツを盛り上げ、スポーツとしての価値を高めていく。
それが、私達の描くチャレンジド・スポーツの未来です。

プロジェクトチーム

障がい者アスリートを支援する3法人で、お互いの強みを活かして運営してまいります。

株式会社エランシア
障がい者アスリートの就職・転職エージェント
一般的な就職・転職だけでなく、世界的に活躍する障がい者アスリートと企業様をつなぎ、多数のマッチング実績をあげています。
豊富な人脈を活用し、ベストマッチングを叶えるサポートをさせていただきます。
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社  エイベックス・チャレンジドアスリート
チャレンジド・スポーツ支援のリーディングカンパニー
上地結衣(車いすテニス)、佐藤圭一(クロスカントリー/トライアスロン)など、トップアスリートが多数所属。チャレンジド・アスリートを積極雇用し、チャレンジド・スポーツの普及振興に取り組み続け、企業によるチャレンジド・アスリート支援を牽引する存在となっています。
株式会社スタートライン
障がい者雇用支援のプロフェッショナル
『採用して終わり』『就職して終わり』ではない、障がい者の雇用後を継続的にサポート。
企業様と競技団体・協会が末永く共に歩むためのコンサルティングをお手伝いいたします。

オフィシャルパートナーシップ

親和性の高い競技団体・協会のオフィシャルサポーターとして
パートナーシップを結んでいただくことで、企業のイメージアップを促進します。

オフィシャルパートナーシップ

オフィシャルパートナーシップ活動を通し、競技が取り上げられるごとに様々なメディア露出が期待できます。

  • 自社のサイトや会社案内資料への競技団体・協会のロゴ、名称の記載
  • 選手ユニフォームへの企業ロゴ掲載
  • 主要大会における企業ロゴ掲載
  • CAP運営の新ポータルサイトでの企業ロゴ掲載

上記以外にも、様々なアプローチができます。 チャレンジド・スポーツのファンをはじめとする、
様々な層で企業様自身のファンを獲得していくことが可能です。

本プロジェクトチームでは、マッチングサポートの他、
競技団体・協会向けにメディア活用の企画・運用、プロモーション提案などをサポートさせていただきます。

topへ戻る